こちらの写真はスペインはバルセロナの大聖堂。そこにフルサイズ機の利点を生かして、広い空間を一枚に納めることができる超広角レンズを持って撮影に行きました。通常、超広角写真は横構図で奥行きを意識した写真になる事が多いのですが、敢えて縦写真にして仕上げてみました。

こうして、縦構図にすることで奥行き方向と天井がまるで絵画のように2次元的に配置されます。最初は面白みがあると思って撮影してみたこの写真ですが、かなり枚数として溜まってきたので、コレクションしてきた大聖堂やその他建築の空間写真として紹介していきます。是非、楽しみにしていてくださいね!

Sony α7R II
Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6
10mm,f:5.6,SS:1/50,ISO:2000