みなさん、こんにちは。ONE PHOTO編集部の大畑です。今年こそはきれいな花火をとるぞ!と毎年夏が来るのを楽しみにしています。皆さんはいかがでしょうか?

さて今回は東証一部上場の株式会社ザッパラス様より「占いフェス presents 開運ナイトミュージーアム」の撮影をご依頼いただきました。今回はその撮影に私、大畑が僭越ながらアシスタントとして同行しましたので、その現地レポートをお送り致します。

今回の撮影はONE PHOTO代表の 新井が担当してまいりました。

新井勇作
®福業フォトグラファーのONE PHOTO代表。平日は経営コンサルタント、休日はフォトグラファーとして活動するDUAL WORKer。ポートレート(人物撮影)から物撮りまで福業である利点を活かして、誰かの役に立つことを目的に幅広いジャンルで撮影を請け負っています。なお、一番得意な撮影はストロボを使ったポートレートや商品撮影です!
Official : https://onephoto.jp/photographers/yusaku_arai/
Twitter : https://twitter.com/arai_yusaku/

占いフェス・開運ナイトミュージアム は2019年7月13日(土)〜15日(月)まで目黒EASEにて行われました。ONE PHOTOは7月14日(日)の夕方から夜にかけての少し暗くなりつつある中でイベントの雰囲気をより一層伝えるために、あえて暗い中での撮影を行いました。

ただし、その日東京はあいにくの雨。しかし、こんな雨の日でも撮影経験の豊富なONE PHOTOはもちろん対応可能です。こうした雨天時の撮影では、まずは雨の日対策の準備をしましょう!せっかくの機会ですので、ONE PHOTOで実際に行っている雨の日対策を共有いたします。では早速、記事の中で詳細を確認していきましょう!!

雨天時の撮影の準備

実際の撮影風景。こうして、雨の中でも安心安全に撮影できるように対応しております。

①カメラ:防塵防滴のカメラを利用しているのですが、念の為専用のレインコートを着せて、本体が濡れないように準備します。

②レンズ:基本的になるべく濡れないように下を向けながら移動して、表面が濡れた場合はすぐにタオル等の乾いた布で拭くようにします。このあたりは雨の日の撮影で皆さんも通常、気にして対応している部分ではないでしょうか?

③ストロボ:特に注意しなければならないのがストロボです。

ラップを巻くことで隙間からの浸水を防止しています。

ストロボは内部にコンデンサ(電圧を高める装置)があるため、は雨に濡れてしまうと、感電したり場合によっては破裂する恐れがあります。そのため、実際に雨の中で撮影する際には、事前このようにラップで巻くなど雨濡れ対策を十分に行ってから撮影に臨む必要があります。ここのあたりは、知らないと危ないのできちんとメモして下さいね!

※ビニール袋に入れてストロボを守る方法もあるのですが、緩みや可動部の自由度を損なわないためには、ラップをぐるぐると巻いて対応する方が良い、とのことです。 

改めて撮影現場のレポートを

今回の撮影は、ONE PHOTO for Biz の3時間パッケージでの撮影です。こうしたイベントや懇親会、セミナーの撮影にちょうどよい撮影時間のパッケージとなっております。今回はザッパラスのご担当者様と一緒に抑えるべきカットのご要望に一つ一つ丁寧に応えながら撮影をいたしました。

こうしたビジネスの撮影案件では、撮影した写真をその場でお客様に確認していただけるよう、ONE PHOTOでは常に大きな画面をご用意しております。特に屋外で撮影をする場合などは、ワイヤレスでリアルタイム確認ができるiPadをご用意しています。これらの技術は「テザー撮影」と言って、色々な方法があるのですがそれはどこかで纏めますね!

iPadを利用したワイヤレステザーもONE PHOTOはデフォルト対応です。

 

その場で写真を確認できることで、お客様の「すごく良い!」という評価や「もう少しアングルを増やしてこの場面は抑えてほしい!」といった、ご要望にも忠実に素早く応えることが可能になっています。

また、こうしたイベントではお写真に写り込んだお客様の肖像権の利用許諾を得る必要がございます。そうした場合に、都度参加者の方にお声がけし、利用許諾を頂いてから撮影のご協力をいただきました。当日、私達の撮影にご協力を頂いた皆様に、改めてこの場をお借りして感謝申し上げます。なお、ONE PHOTOではクライアント企業様に合わせた肖像権許諾のフォームもご用意しておりますので、一般の参加者が入るイベントなどでの撮影をお考えのお客様は安心してご相談下さい。

 

最後に

撮影を開始した時間は夕暮れ時で明るかったのですが、撮影を開始して1時間もすると会場は完全に夜の雰囲気。会場全体をスタッフの方と一緒に満遍なく撮影し、あっという間の3時間でした。その日の素敵なイベントのご様子は、こちらのザッパラス様公式サイトをご確認下さい。

占いフェス Presents 開運ナイトミュージアム
https://uranaifes.com/2019summer/

撮影終了後には、キングコングの西野亮廣さんが1日店長を務めるかき氷屋・西ちゃんで、スタッフの皆様と美味しいかき氷を食べて無事に終了いたしました。

ONE PHOTOでは家族向けからビジネス、イベント撮影まで幅広い撮影を行なっています。イベント撮影などにご興味を持った方がいれば、是非お問い合わせください。ONE PHOTO一同が責任を持って、あなたの素敵な一枚を写真に収めますね!最後までお読みいただきありがとうございました!