コンテンポラリーダンサー小暮香帆さんの公演”ミモザ”の一幕です。

スポットライトに照らされた美しい動きを写し止めました。体の芯がブレず、かつ動きの速い手先にはブレ感の出るシャッター速度を選択。緩急のつく演技となるため、動きを見ながら微調整を行い撮影しました。

舞台や演技を撮影する場合、事前に予行練習等を見学させてもらう機会があれば、ライティングと演技に着目して、自分なりの構図をイメージしておくと良いでしょう。

本物のダンサーだけが持つ、芯の通ったぶれない軸は、一人のフォトグラファーとして、心から美しいと思うのです。

(Photo & Commented by Hiroshi Nakamura​ / OnePhoto Chief Photographer from Canon)

Canon EOS 5D Mark III

EF70-200mm f/2.8L IS II USM

F:2.8,SS:1/160,ISO:3200