今年の1月にカレッタ汐留で行われていたイルミネーションを撮影した写真です。個人的に東京都内のイルミネーションの中でも最も美しく、何度行っても飽きない場所がこのカレッタ汐留です。毎回行くたびに違うインスピレーションが湧き、違う写真が撮れるので自分でもびっくりするくらいです。今年のイルミネーションもすでに始まっていますので、このブログを見た皆さんに足を運んでいただけると凄く嬉しいです!

なお、昨年度のイルミネーションは「青」がテーマだったので、そのテーマに則り、前ボケとして青いイルミネーションを適度に散らすことで海の中をイメージしながら撮ってみた1枚となります。

この撮影時にはSONYからα7 IIのレビューを依頼されていたので、実機を使ったイルミネーションで撮影の検証を行っています。5軸の手振れ防止機構の性能が素晴らしく、70mmであってもシャッタースピードは問題なく1/40で静止してくれました。チルトの液晶を使う事で低いアングルや高いアングルからの手持ち撮影も可能になります。こうした正面にカメラを構える事ができない場合にも5軸の手振れ補正の相性は抜群だと感じます。

また、正面に構える事ができた場合に限界にもチャレンジしてみましたが、シャッタースピード1秒でも静止することができ、SONYの技術力の高さに唸りました。

(Photo & Commented by Y.Fukasawa / OnePhoto Chief Photographer)

SONY α7 II
FE 24-70mm F4 ZA OSS
70mm,F:4,SS:1/40,ISO:200